前へ
次へ

中国語を学習する必要性について

中国が世界的にも大きな発展をするとともに、多くの企業が中国企業との取引をする機会が増え、多くの中国人の観光客が日本に訪れています。このことで、日本人が中国語を学習する必要性が高まっています。中国観光客が増えれば、観光地やホテル、飲食店や公共交通機関などで中国語が話せる人が必要になります。中国企業との取引が多い企業は、中国語が話せる人は重宝されます。観光地や中国企業との取引が多い会社は、この言語を学習するよりも、中国人を雇えばよいと考える人もいるでしょう。最近では、中国の人が日本に定住する人も増えているため、比較的中国の人を雇いやすい環境となっています。しかし、中国人の観光客は、中国の旅行会社のガイドによって日本を案内され、日本で不当に高い買い物をさせられたと不満を持っている人が多いようです。そのため、日本人のガイドはとても信用が高いです。やはり、日本を案内するなら日本人の方が信用できると思われていることもあり、日本人がこの言語を身につける必要性は高まっています。企業でも、たとえ通訳が下手であっても、信頼性では日本人の方が高いと感じる人もいることでしょう。このように、中国語を身につけた日本人は信用性が高いことから、この言語をマスターした日本人が求められています。

Page Top